読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネタが無い状態で15分でブログ書いてみたらこんなクオリティになりました

雑記

何を書くかも決めないでブログを書いてみます。本当はそういうことはやらないほうがいいのですが、ちょっと実験的に。(結論とか無いので読みにくいかもしれません。)

 

自分の考えを書くことを意識しています

そういうときに気をつけたいことがあります。出来事をただ書くということは避けたいです。やはり、何を考えたのかを書いたほうが面白いと思います。出来事がうまく情景描写された文章は読みやすいですが、いまいち深みが無い。そこにはやはり書いている人が、そこから何を考えたのかが含まれていると面白いです。

 

とはいえ、考えたことだけを書かれると、読むのが疲れる文章にもなります。そういう文章にはよく出会います。結論がなんだか分からなかったりします。きっとこの文章がそれにあたるのでしょう。数日後に読んで、「なんだ読みにくいな」と思うことでしょう。

 

そんな文章を人に読んでもらうのはちょっと気がひけるので、書き終えたら冒頭に注意書きを書いてみようと思います。

 

書く目的

ここまで書いて350文字。内容を重視しなければ5分で簡単に書けます。ただし、これはリアルな知り合いにはほとんど読まれ無いつもりで書いているからこんなに早く書けます。いつか公開しようと思っているので、公開することを意識した書き方もしたいです。

 

ブログを開始して5ヶ月程度経ちました。アクセス数は相変わらず1日あたり100いきませんが、そこはまだ重要視していないので別にいいです。

 

近況報告、セルフブランディング、収益化

ブログの目的はいくつかあって、最初の頃に書いていたのと少し違ってきているかもしれません。友人への近況報告に使ったり、自分で仕事を始めたときのセルフブランディングのために使ったり、おまけでちょっとだけアフィリエイトや広告として収入を得られたりできたらいいなと、今はぼんやり考えています。

 

今は楽しいからやっているだけ

現段階では、ただ楽しいからやっている、というのが一番の理由です。仕事をしていると自分の思い通りにやれることなど限られています。自分の思っている文章を好きに書いて、好きに公表して反応を得られるのが純粋に面白いです。

 

ここまで10分。少し整形して見出しつけます。読み直してみてタイトルが決まります。

 

池田勇人さんは15分で1記事書けるんですね。プロってすごい。

 

おしまい