読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少しずつ日常から嫌なことを減らし、楽しいことを増やしていきたい。

大晦日の記事「【本】2015年、これら15冊の本を読むことで会社を辞める決意が固まりました - 会社辞めて一旦ニートになります」が大反響だったせいか、新しい記事を書くことに躊躇しそうになりました。しかし、そういうことは忘れて、また軽い感じの、ただ思うことを書いてみます。ブログを楽しむということは忘れず、その時の気分で書きたいことを。

 

普通の32歳の会社辞めようとしている奴の思うことなんて、誰の役に立つんだろう?って思うこともありますが、意外なニッチな需要もあるみたいですしね。世の中には成功した方々の書籍や情報はありますが、成功者ではない人の考えも、興味ある人はあるでしょう。ってことで。

 

少しずつ日常から嫌なことを減らし、楽しいことを増やしていきたい。

2015年の途中からは、こう思うようになりました。それまでの2015年1月〜4月は新卒採用の仕事が超多忙で、息をしている間は常に嫌なことばかりをしていたような気がします。その状況がずっと続いた結果、潰れてしまいました。

 

潰れたあと、定時帰りになった初日の夜は本当に幸せでした。

 

18時過ぎに帰宅し、ジョギングして、自炊をして、本を読み、寝る。たったこれだけのことがなんて幸せだったことか。些細な事ではありますが、この経験が価値観を変えました。その後、(大晦日に書いた記事に挙げたような)色々な本を読む事で、その価値観はより強固なものになりました。

定時に帰宅した時の友人とのやりとり

 

人生の中で楽しい気分、安らいだ気分でいられる時間をできるだけ多くしていきたい。孤独は辛いので、人との関係は大切にしたい。できるだけ自由でありたい。一方で、お金は最低限でいい。名声もいらない。人からの評価なんてどうてもいい。

 

今は、そんなことを意識した毎日を過ごしています。

 

いきなり好きな仕事だけできるとは思っていません。

今日は有給休暇を取得し、目覚ましをかけずに昼前に起き、洗濯して、ジョギングして、カフェでブログを書いたり本を読んだりしています。夜はよく行くバーにでも行きましょうかね。

 

特別な出来事はありません。でも普通の日常が幸せです。こんな毎日を過ごせたらいいのですが、やっぱりお金は稼がないと生きていけないです。そして、その仕事をしている時は嫌な時間です。

 

でも、2015年序盤よりは、嫌なことをしている時間を減らすことができるようになりました。こうやって徐々に、自分の生活の中から嫌なことを排除していきたいと思います。

 

本当は、好きなことを仕事にできたらいいのですが、それは少しずつ出来ればいいです。いきなり大好きな仕事だけができるなんて思っていません。そうじゃなくて、少しずつでいい。

 

で、このブログもほんの数千円ですが、利益が上がるようになってきました。好きで書いてるだけなんですけどね。これも仕事の一つになればいいですね。いや、「仕事」とは呼べないかもしれませんけど、毎日ブログを書く時間は確保できる生活をしたい。

 

かさこさんのブログ、よく読んでいます。

kasakoblog.exblog.jp

 

例えば今、嫌いな仕事が100で好きな仕事が0なら、

嫌いな仕事を90にして、好きな仕事を10にする努力をすればいい。

それができたら80:20に、70:30にと、

徐々に徐々に好きな仕事の割合を増やしていけばいい。

 

まあ、そんな感じでいきたいと思います。 

 

会社を辞めていきなり独立起業するつもりはありません。数ヶ月あちこち旅してお休みしてから、ちょっと声をかけていただいている会社に勤めるかもしれません。その頃になって「やっぱりいらない」と言われたらそれまでですが。

 

やや行き当たりばったりですが、「好き」を大切に、毎日を過ごしていきます。