読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

厚切りジェイソンのインタビュー記事を読んで、その考え方に共感しました。

仕事

Facebookに以下の記事が流れてきたので読んでみました。

 

www.recruit.jp

 

今まで厚切りジェイソンさんのことはあまり知らなかったですが、共感する部分がたくさんありました。

 

【前編】「失敗してもいい」「他人と違ってもいい」

 

― 「自分で考える」「自分で決める」ことを身につけるためには、どうしたらいいんでしょうか? どうしたら、自分を強くしていけるのですかね。

 

失敗してもいいから、とにかく考えて試してほしいんですよ。失敗してもいいじゃん! 失敗したら強くなるよ!

 

ようやく自分で考えてこれからの仕事や人生を自分で決めて進めていけそうです。ただし、失敗するかもしれません。でも、それでいいと思っています。経済的に失敗したり、孤独になったりするかもしれません。社会的には失敗と呼ばれる人生になるかもしれません。でも、自分で決めて進んでいければいいと思っています。それも人生です。 

 

― 失敗は許されない、というイメージがありますからね。「今」を生きる日本人の中には、まだまだその文化がないのかもしれません。具体的に何をすると「自分で決められる」ようになるのでしょうか?

 

超シンプルに"他人と違ってもいい"という考え方が出来れば大丈夫だと思うんですよ。まずは自分の意見を言える状況を作らないとダメですよね。

 

"他人と違ってもいい"というのは、自分なりの価値観を持つことだと解釈しています。まだまだ途中ですが、自分の価値観を確立していきたいと思います。そして、その価値観はこのブログで表現していければと思っています。読んでいただいた方には、「そういう人もいるんだなー」くらいに思って頂ければいいです。

 

【中編】「好きだからやっているだけ」

 

― IT企業の役員と芸人を同時になさっていますが、二足のわらじについて「人生でより成長するためには当然のこと」と捉えていますよね。

 

日本には、ひとつのことだけをやり続けなければいけない、という考え方が強いように感じるんです。それは決して悪いことではないけれど、そもそも"人間=仕事"ではなく"人間=人間"だと思う。だから、本業とか副業とか定義する必要もなくて、自分はこれが好きだからやっている、ということで良いんじゃないかな。僕はビジネスもお笑いも家族も全て好きだからやってるだけ。

 

本業とか副業とか関係ない。複業の考えです。実現は難しいかもしれませんが、好きなことをする時間を多くしたいです。一つの仕事に限定するつもりはありません。

単純に「好きだからやってるだけ」っていうのはいいですね。そういうシンプルな考えでやっていきたいです。で、好きなことは仕事にできたらいいかもしれませんが。。。

 

自分のやりたいことをやって、それが結果的に仕事になればそれもまた幸せですよね。でも、自分のやりたいことが仕事でやれなくても、仕事以外の部分でやればいい。

 

ということです。必ず仕事にできるわけではないので、仕事にできないものは趣味とかでやればいい。お金を稼ぐものと、それ以外のものを完全に分離しすぎないで考えた方がいいかもしれせん。

 

【後編】「何かを成し遂げたいとかではなく、楽しめたらいい」

 

― お笑いの分野で成し遂げたいことは?

 

芸人として何かを成し遂げたいとは考えていなくて、とにかくその時その時を楽しめたらいいなと思っています。

 

― 個人的なことでやってみたいことは

 

いつになるか分からないけれど、小説は書くと思います。哲学や思想が好きなので、物語の中に教訓を散りばめたサイエンスフィクションとかかな。

 

何かを成し遂げたいとか、具体的な目標とかは持たず、自分の「好き」を大切にしていることが伺えます。持っているのは「方針」くらいなんですね。ぼくも近い考えです。その時その時を楽しめたらいいなと思っています。年始に考えた今年の方針について考えた記事「2015年の振り返りと2016年の方針。「目標」はありません。」でも似たようなこと書いていました。

 

おわり

「失敗してもいい」

「他と違うことを恐れない」

「好きだからやっているだけ」

「何かを成し遂げたいとかではなく、楽しめたらいい」

 

そんなスタンスでやっていきたいと思います。

 

厚切りジェイソンさん、今まであまり知りませんでしたけどファンになりそうです。