【雑記】社風がよくて辞められなかったのかも。もう会社には依存したくない。

所属部署で送別会をしていただけることになりました。

正直、部署のみなさんは多忙な方ばかりなので開催してもらえるとは思っていませんでした。うーん、意外。

ーーー

昼に、部署の先輩と会社を辞めることについて話をしました。その中で「仕事は嫌でしたが、人には恵まれてここまで続けられた。」という話をしました。

人は本当にいいんです。就職活動中から、一緒に働きたいと思える人がいる会社に入りたい、という思いを強く持っていて、思い通りの会社に入れました。(仕事量や内容は想定外でしたが)

入社後最初の部署で死にかけたときは、他の部署の知り合いが裏で調整してくれて異動(避難)することができました。いい人たちに助けられました。

辛い仕事があっても、それを励まし合える仲間がたくさんいました。

しかし、最近はそんな仲間が少しずつ会社を辞めています。寂しいっ。今の部署では、そんな関係になれる人はあまりいません。(少しはいる)

ーーー

いい人が多くて、社風が合ってる会社でした。しかし、それが仇となって、8年間も辞められなかったのかもしれません。いっそのこと、最初の部署にいたころにトドメをさしてもらえたら、生死の境を彷徨うことなく成仏できたのかもしれません。タラレバの話をしても仕方ないですが、そんなことをふと思いました。

社風、待遇、知名度、立地など、会社を選ぶ基準はありますが、もうちょっと仕事内容を大切にして今後はやっていきたいです。夢中になれる仕事に巡り会えたら最高なんですけどね。

人間関係は超大切ですが、仕事内容が合ってるか、好きになれるか、ワクワクできるか。
まずは、ワクワクまでいかなくても、嫌で嫌で仕方ない仕事を避けるくらいはしたいです。

(とか言いながら、今後の仕事で「給料低い!」って文句言ってるかもしれませんが)

ーーー

先輩は「もう10年以上会社にいる。辞める選択肢は難しい。」と話していました。

そうなるのは怖いです。自分のやりたいことがあって、それをやるために会社に所属する、というスタンスになれたらよかったのですが、自分は現在会社に依存しています。

入社8年目。単純に年数だけではないですが、依存度が高まる前に脱出して、会社なんて働く選択肢の一つだと思えるようになりたい。

ーーー

いい人がいたことが実は延命処置になっていたのかもしれません。会社に依存しない生き方をしたい。

そんなことを、ふと思いました。

そんだけです。