読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピンのボホール島に行ってみました。ツアー無しでも安く十分楽しめます。(1)【2016年4,5月フィリピン・セブ島留学&リゾート記その19】

フィリピン・セブ島留学&リゾート記 旅情報 短期語学留学

フィリピンのボホール島に行きました。

f:id:akio130:20160501151222p:plain

 

ボホール島は観光地として有名です。不思議な小さな山が複数ある「チョコレートヒルズ」や手のひらサイズの小さな猿「ターシャ」が特に有名。

 

日本語のサイトでツアーを調べてみましたが、5,000ペソ(約13,000円)が相場。セブのホテルへの送迎が付いていて、何も心配することなく身を委ねれば有名どころは全ておさえられる便利なプランです。

 

でも、ちょっと高い。今回は留学生の友人と2人。我々は全て自力でやることにしました。結果的に、観光できた箇所はツアーよりも少なかったですが、2000ペソで行きたいところは全て観光することができました。

 

まずは事前にセブ港とボホール島のタグビララン港の往復船チケット購入を済ませておきます。アヤラモールで買えます。一人あたり往復約1,000ペソ。

フィリピンで初めてジプニー乗車。アヤラモールで美味しいフィリピン料理を食す。

7時にセブを出発して9時にタグビラランに到着するチケットを購入しました。帰りは18:30にタグビラランを出発して20:30にセブに到着です。

 

(ボホール島の北部「トゥビゴン」行きであれば片道1時間で行けます。ただ、本数はそれほど多くないらしいです。もう一度ボホール観光に行くなら、セブから船でトゥビゴンに行き、各種観光地を回ったらタグビラランからセブに帰るルートで行くかもしれません。そのほうがスムーズかも。) 

 

当日朝は6時にドミトリーを出発。IT Park内でちらほらタクシーが走っているので、そこでつかまえました。(5分以上はつかまらなかった)約100ペソで15分かけてセブの港に到着。ここで港使用料25ペソ(なにそれ?)を払って中に入りました。

 

まだ7時前だというのにたくさんの人。フィリピン人の朝は早い。

f:id:akio130:20160501152548j:plain

綺麗な(無料)トイレやカフェがあり、バスターミナルとは全然雰囲気が違いました。

 

次はチェックイン。このとき6:40を過ぎていました。出港20分前です。あとで知りましたが、チケットには「船出港30分前までにチェックインしておかないと、キャンセル待ちしている人に売っちゃうかもしれないよ」的なことが書いてありました。危なかったかもしれない…

 

7:00

 

船に乗ります。

f:id:akio130:20160501152841j:plain

 

船の中。

f:id:akio130:20160501152900j:plain

 

出港直後に「事故が発生した場合の対応方法」の映像が流れてシートベルトの締め方が説明されますが、座席にシートベルトはありません。なんだそりゃ。

 

前にかかっている液晶テレビでは出港後、映画が上映されます。この日はディズニーの「Tarzan」でした。船の音がうるさいので音声は聞こえなかったのですが、映像だけでもまあまあ内容が分かります。字幕があればもっといいんだけどなぁ。

 

事前に聞いていた話だと「約2時間の乗船中に映画が終わらないことがたまにある」とのことでしたが、なんとか映画は終わってくれました。まあ、そんなに真剣に見てなかったので別にいいんですけどね。(ほとんど寝てた)

 

座席は倒せず、狭いので2時間が限界です。飛行機乗る時と同じように枕を持って行ったほうがよかった…首が痛い。 

 

9:00 

 

ボホール島のタグビララン港に到着。

f:id:akio130:20160501153154j:plain

 

港を出るとものズゴイ大勢のツアー客引きがいます。うっとおしいくらいいます。試しに値段を聞くと「チョコレートヒルズとか主要なところを回って一人2,000ペソだ!」というので、交渉してみたら一人500ペソまで値下がりしました。最初の値段設定なんだったんだ!

というか、500ペソのツアー内容って怖いわ。リバークルーズは450ペソは絶対必要なので、それが含まれてなかったのかもしれないです。

 

日本語サイトで申し込むのが高くて嫌だけど、自分で全部やるのはちょっと嫌だという人は、ここで現地の人と交渉して申し込むといいかもしれません。恐らく、常にたくさんの客引きがいます。

 

我々は、ここでは乗り物だけを交渉。バスターミナルに向かいます。最初にタクシーが来て「2人なら50ペソでどうだ?」と言ってきました。挙げ句の果てには「バスに乗るるつもりなのか?今日は祝日でバスは一杯で乗れないよ!タクシーで観光地全部案内してやるよ。2,000ペソだ!」

 

嘘つけ!もう信用しません。どいつもこいつも嘘ついて金を奪おうとしてきます。

 

ここはトライサイクルに乗ってみたかったので断ってトライサイクルのにーちゃんに聞いてみると「2人で75ペソね」とのこと。なんでタクシーより高いんだ!

 

タクシーのおっちゃんに「50ペソでいいよね?」と聞くと「トライサイクルが75ペソみたいだな。やっぱり100ペソだ!」と言われてしまったので、トライサイクルに乗ることにしました。まだまだ交渉レベルは低いです。

 

トライサイクル乗車中に他のトライサイクルを撮影。トライサイクルだらけです。

f:id:akio130:20160501154354j:plain

乗ってる最中に行き先を聞かれたので「チョコレートヒルズ」と答えると「このまま行かないか?」という営業をかけられる。みんな営業意欲旺盛です。このままこれで行くのはちょっときついでしょ…たぶんめちゃくちゃなお金とられるし。遠慮しておきました。

 

10分程度でバスターミナルに到着。ここでバスに乗ってチョコレートヒルズまで一気に向かいます。

f:id:akio130:20160501154549j:plain

バスターミナルには売店がたくさん。ここで小さなパンを2個10ペソで購入。

 

チョコレートヒルズがある「CARMEN」行きのバスに乗車。60ペソらしい。安すぎる。タクシー乗らなくてよかった!

f:id:akio130:20160501154711j:plain

 

エアコンはないですが、窓全開なので動けば大丈夫。

f:id:akio130:20160501154900j:plain

 

10:00

 

出発。

 

運転めちゃくちゃ荒い!ガンガン前の車を抜いていきます。クラクション鳴らしまくり。途中で自由に乗客が乗り降り。バス停とかありません。停車するときは常に急停車。危ねぇ。

 

なお、バスに乗った時に「チョコレートヒルズを見たい。」と言っておいたら、到着したときに教えてくれました。

 

11:30

 

チョコレートヒルズ国定公園に到着。チョコレートヒルズを一望できます。

 

少し坂を登っていくとおっちゃんが登場して「この先は20分以上歩かないとダメだよ。バイク乗って行きな!2人で50ペソだ。」とのこと。20分歩くのはしんどいな…まあバイク乗ってみるか。

 

乗車してみるとすぐに入場ゲートに到着。ここで1人50ペソの入場料を払います。入場料を払っている最中には少年が「この先200段の階段がきついから水が必要だよ。これ買いなよ!」あー、持ってるからいらないよ。みんなガンガン押し売りしてくるなー

 

途中でこんどは運転手から営業トーク「下山後の観光地案内もしてやるよ!どうだ?!」それは降りてから考えることにするよ、と伝えて2分ほど走ると…到着。え?もう到着?歩いて20分じゃないのかよ!騙されました。これなら歩いたほうがよかったよ!

 

到着。

 

ここの階段を登っていきます。

f:id:akio130:20160501160348j:plain

 

200段くらいはありますが、そんなに傾斜はないので問題なし。

f:id:akio130:20160501160418j:plain

 

目的地の一つ目達成。

f:id:akio130:20160501160420j:plain

 

変な光景でした。

f:id:akio130:20160501160443j:plain

 

とりあえずボホール島最初の目的地をクリアしました。まだまだ続きます。

 

(移動箇所)

セブ港→タグビララン港 フェリーで1,000ペソ

タグビララン港→バスターミナル トライサイクルで32ペソ

バスターミナル→カルメン バスで60ペソ

チョコレートヒルズ バイクで40ペソ

f:id:akio130:20160501172449p:plain