すずかちゃんを救う会。SNSでシェア、Change.orgで署名、募金、など簡単に出来ることがあります。

f:id:akio130:20160623155810p:plain

 

ここ最近で投稿した記事で最もアクセスがあり、Googleで検索されているのが以下の記事。

 

akio130.hatenablog.com

 

「すずかちゃんを救う会」でGoogle検索すると、当事者の方々のサイトやSNSアカウントの次に上位に表示されます。(6月23日時点で5位)

 

(本家のサイトはこちら)

すずかちゃんを救う会 | 肺移植に向け 皆様のご協力をお願いします。

 

ブログで書いた記事はSNSの使い方について自分の考えがメインとなっているのですが、これだけアクセスが集まっているのであれば募金を集める役に立つ内容にしたいと思い、記事を追加してみることにします。

 

当事者ではない人間でもできることを挙げてみました。簡単なものからちょっとハードルが高いものまでありますが、おのおのができる範囲で小さなことでもやれることをやるといいと思います。

 

(1)Facebookのページをいいね、もしくはシェアして多くの人に知ってもらう。(所用時間約1分)

www.facebook.com

 

Facebookをやっている場合は上記のページを「いいね!」して存在を他の人に共有。もしくは、他の人に知ってもらいたい投稿があったら「シェア」して他の人に知ってもらえるように拡散することができます。ボタンひとつで出来る、最も簡単な方法です。

 

(2)Twitterのアカウントでツイートして多くの人に知ってもらう(所用時間約1分)

上記の本家のサイトやFacebookのページをツイッターに貼り付けてツイート、もしくはツイッターで「#すずかちゃんを救う会」で検索をして、誰かのツイートをリツイートする。これも簡単です。

 

(3)Change.orgで署名する(所用時間1分)

www.change.org

 

Change.orgというサイトの存在は知りませんでした。

 

Change.orgは、様々なキャンペーンへのオンライン署名収集および届け出を業務とする企業、およびそのウェブサイトである。

Change.org - Wikipediaから引用)

 

こちらのサイトで署名することで、それを全国主要メディアに署名を提出し、取り上げていただく力にするとのことです。すでに1,000人以上からの署名が得られていて、いくつかのメディアで取り上げられていますが、まだまだ署名が増えることでより多くの人に知ってもらえる機会が得られることでしょう。

 

署名した結果はFacebookやTwitterでシェアすることができるので、それも実施するとよいかもしれません。

 

 

(6月23日時点で目標2,500名中、約1800名の署名が集まっています。)

 

(4)ネットから募金をする(所用時間3分)

冒頭でも挙げた本家のサイトからから募金が可能です。

すずかちゃんを救う会 | 肺移植に向け 皆様のご協力をお願いします。

 

口座に入金したり、各種クレジットカードが利用可能なようです。

100円からでも募金が可能。(クレジットカードで確認済み)

 

(5)該当募金活動に協力、もしくは募金しに行く

街頭募金の活動予定 | すずかちゃんを救う会

 

主に大阪・東京を中心に募金活動が随時実施されています。こちらに出向いて募金をすることも可能です。

 

 

 

 

他にもできることはあると思いますが、サイトやSNSを見て分かったことを書きました。

 

ちなみに現時点でようやく3分の2が集まっている段階です。すでに寿命が言い渡されている状況のようなので、早く全額集まることを願っています。