【本】「悩みどころと逃げどころ」の7章「挫折」を読んで。1社目で働き続けるという無理ゲーを辞めてよかった。

本を読みました。(前回の続き)

ほぼ1章ごとに記事が進んでいます。遅い…笑

 

 

 

無理ゲーね。ほんとそう思う。最初の会社に就職する際は、希望通りの会社に入ることができたけど、入ってみて、やっぱり想像していたのとは違う点はあった。というか、それがあたりまえ。外から見ただけでは分からないことだらけなのは当然。

でも、それに気づいてからの撤退戦略が遅れたのは後悔。無理ゲーなのに、「必ずや攻略法があるはずだ。自分が未熟なのが悪い。成長しなければ。戦うぞー」みたいな姿勢になってしまったような気がする。あれは辛かった。

 

無理ゲー辞めて、もっと楽しめる、勝ち目のあるゲームをしましょう。

 

他にもこんなことが書かれていました。

 

「自分が好きで誰からも評価されなくても熱中できるもの」が理想かもしれないけど、「そんなに好きではないと思っていたけど、やってみたらみんなに評価されているうちに好きになった」

というのがあるのかもしれない。

 

今は、後者のほうを積極的にやっていければと思う。で、違うと感じたらどんどん動く。動けるかな…。働くということに対する試行錯誤は続きます。

 

他の章の感想については以下を御覧ください

悩みどころ逃げどころ カテゴリーの記事一覧