読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオラキ/マウント・クック国立公園のフッカー・バレーを散策。山間の太陽が見える昼間がお勧め。【2016年6月NewZealand旅行記その15】

New Zealandの旅情報 旅情報

YHAで一泊して翌日、ようやく国立公園を散策します。

 

(旅のひとつ前の記事はこちら)

アオラキ/マウント・クック国立公園を少し散策し、夜はYHAに宿泊。【2016年6月NewZealand旅行記その14】

 

(ニュージーランド旅行記一覧はこちら)

New Zealandの旅情報 カテゴリーの記事一覧

 

いくつか人気のルートがありますが、その中でも初心者に人気の「フッカー・バレー・トラック」を歩いてみることにしました。

 

1番人気のウォーキングトラック。勢いよく流れるフッカー川に架かるつり橋を3回渡り、アオラキ/マウント・クックの姿を見ながら花畑や河原、草原と変化に富んだ地形を歩き、氷河がせり出したフッカー湖に到着する。(ガイドブック「地球の歩き方」より)

 

この日の予定は

9:30 YHAを出発

11:30 行けるところまで行って引き返し始める

13:30 食事

14:30 バス乗車で次の目的地へ

 

ちょっと時間的にギリギリかな…

 

9:30

 

太陽が見えてくるより少し早めにYHAを出発。

f:id:akio130:20160813095633j:plain

まだ日陰となっている部分が多かったですが

 

徐々に太陽が出てきました。

f:id:akio130:20160813095801j:plain

 

 

10:30

 

1時間ほどでようやく駐車場がある「ホワイト・ホース・ヒル・キャンプグラウンド」に到着。ここがスタート地点。ここまでの道中でも十分素敵な景色でしたが、フッカー・バレーの散策を楽しむ人は、ここまで車で来てからウォーキングを始めるのでしょうね。その方が効率的で賢いな…

f:id:akio130:20160813095818j:plain

 

f:id:akio130:20160813100203j:plain

 

で、ガイドブック「地球の歩き方」によると、ここから往復4時間のコースらしいです。食事予定時刻まであと3時間しか無い…行けるところまで行ってみよう。

 

10:45

最初の湖である「ミューラー湖」に到着。この近辺はまだ日の当らない状態。

f:id:akio130:20160813100303j:plain

 

湖を過ぎるとすぐに1つ目のつり橋。20人までしか渡れないとのことですが…人はほとんどいないので問題無し。観光シーズンはどうなんでしょうね。 

f:id:akio130:20160813100409j:plain

f:id:akio130:20160813100512j:plain

 

ミューラー湖を横に見ながらさらに進みます。

f:id:akio130:20160813100615j:plain

 

11:15

2つ目のつり橋です。

f:id:akio130:20160813100735j:plain

 

橋を渡りきったところで、ようやく太陽が真上に登って明るい場所に。

f:id:akio130:20160813100949j:plain

 

しかし時間切れ。ここで引き返すことにしました。

ここからゴールのフッカー湖までが一番いいところだと思うのですが。

 

帰り道。

f:id:akio130:20160813101118j:plain

 

f:id:akio130:20160813101259j:plain

 

f:id:akio130:20160813101322j:plain

f:id:akio130:20160813101334j:plain

 

絶景の連続です。

 

f:id:akio130:20160813101544j:plain

 

f:id:akio130:20160813101602j:plain

 

前の記事を書いてから気づきましたが

 

 

 ラッキーな2日間だったみたいです。地球の歩き方にも

 

まさに"南半球のアルプス"の名にふさわしい。とはいえ、年間降水量4,000mm、降水日数149日という不安定な気象のため、マウント・クックの勇姿をはっきりと見られるかは運次第。

 

と書いてありました。(ちゃんと読んでおけよ)

 

行ってみる場合は、数日間は日程を確保しておいたほうがいいかもしれません。

 

 

 

(次の記事はこちら)

クイーンズタウンで久しぶりにプライバシーのあるベッドで就寝。夜食は自炊しました。【2016年6月NewZealand旅行記その16】