読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤンゴン中心部のビルマ料理レストラン「ダニュピュー」で昼食。庶民に親しまれていそうな食堂でした。【2016年7月ミャンマー旅行記5】

ミャンマー旅行記 旅情報

ヤンゴン中心部を散策して昼食をとることにしました。

 

(1つ前の記事はこちら)

ヤンゴン中心部を散策。異国の雰囲気を存分に味わい、大きなマーケットで客引きに遭う。【2016年7月ミャンマー旅行記4】

 

(ミャンマー旅行記はこちら)

ミャンマー旅行記 カテゴリーの記事一覧

 

初めて訪れるミャンマーのレストランです。「ダヌピュー」?というビルマ料理レストラン。少し細い道沿いにあります。

f:id:akio130:20160905140501j:plain

 

評判のいいビルマカレーの店。アノーヤター通りから29th St.を北に入るとすぐ左側にある。各種カレーを頼むと山盛り野菜、スープ、ライスが付く。チキン、ポークやマトンのカレーが各2,500K、エビカレー5,000Kなど。(ガイドブック「地球の歩き方」より)

 

店に入ると奥にメニューがかかっています。あそこで注文して席で待ちます。

カレー、野菜料理2品、ビールの全部で4品を注文。6,500Kでした。(約650円)

f:id:akio130:20160905141159j:plain

 

客は自分以外にも現地の人や観光客で賑わっています。

f:id:akio130:20160905141214j:plain

 

料理が来ました。奥の生野菜の盛り合わせのようなものは最初から付いてきます。スープはカレーを注文するとついてくる品です。野菜料理は注文しなくてよかったな…出揃った瞬間に「あ、これは1人で食べきれない」と判断しました。

f:id:akio130:20160905141112j:plain

 

豚のカレーです。「カレー」と言っても、普通の日本人の認識とは違うんですよね。

f:id:akio130:20160905141124j:plain

 

カレーといっても日本のそれとは味もスタイルも大きく異なる。タマネギをスパイスで炒めたものに具を加えて油で煮込み、水分を蒸発させて具の表面が油で覆われるように仕上げるもの。外国人には便宜的にカレーと呼ばれるが、「油戻し煮」と呼ばれる調理法だ。(ガイドブック「地球の歩き方」より)

ということで、カレーじゃないです。しかも豚の脂も入っていて、けっこうオイリー。美味しいのですが、量は食べられませんね。これは…

 

スープはご飯についてくるものです。何やらタケノコのようなものと、チンゲンサイのような葉っぱが入っていました。辛くは無いです。

f:id:akio130:20160905141133j:plain

 

野菜料理2品。手前がいんげんのようなものを炒めたもの。奥がメンマのようなもの。ちょっと量が多すぎたー

f:id:akio130:20160905141138j:plain

 

無造作に置かれていたチリ。これが辛いんですよ。フィジー、フィリピンにもありましたが、ミャンマーでも出会うとはね。ちょっとかじるだけで舌がビリビリします。

でも、ちょっとクセになるんですよ。結局1つだけかじりました。からーいー

f:id:akio130:20160905141142j:plain

 

生野菜につける用の味噌のようなもの。うーん、これは正直苦手でした。

f:id:akio130:20160905141154j:plain

 

食後に出された謎のお菓子。栗が一番近い表現なのかもしれませんが。原材料には確実に砂糖がたっぷり入っていそうな、あまーいお菓子でした。1個食べてギブアップ。

f:id:akio130:20160905141219j:plain

 

うむむむ。ちょっと自分の舌にはそれほど合いませんでした。まあ、他にも色々挑戦してみましょうかね。

 

 

 

今回訪れたお店「ダヌピュー」の情報(ガイドブック「地球の歩き方」より)

営業時間:8:00〜21:00 

定休日無し

クレジットカード不可

住所:175/177, 29th St., Pabedan T/S

 

 

地球の歩き方を参照してお店を選びました。