読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事はなんでも色々やってみたらいい。強み、弱みなんて簡単には分からないものなのだから。

仕事

2日連続Books&Appsの記事から。

 

blog.tinect.jp

 

苦手なことで努力を積み重ねても、体力すり減らすだけ。

 

でも自分の強みが何なのかはなかなか分からないもので 「結局のところ、自分の強みは、5年、10年と働いた後にようやくうっすらわかる、という程度のものである。」 というのは、本当にそうだなー、と思うこともある。

 

大学ではプログラミングが得意だったけど、実はプロの世界では大したことはなくて、一方で異動して人事で面接とか説明会をやってみたらしっくりきた。(議論とか社内調整は苦手だったけど。)

 

30歳すぎて何を今更と思うこともあるけど、自分の強みが何なのかはまだまだ開拓中。今やってる広報も、今のところは楽しくやれている。10年前には考えられなかったなー。

 

必要とされる仕事があったら、いろいろやってみるといい、というのが最近の持論。でも明らかにワクワクできず、恐怖だけの仕事はやらない。バランスですな。

 

ただ、「自分にはきっと見つけられない強みがあるんだ」というような、現在にフォーカスしない考えにもなってはいけないと思う。今、目の前のことに一生懸命取り組むことで、強みや弱みも少しずつ見えてくるのかもしれない。

 

強み、弱み、まだまだ断定せずになんでもやってみよう。

ただし、将来の可能性ばかりに逃げずに、今を一生懸命にやること。