読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなことをするのは楽しいけど実現は難しい。「得意」なことを探し、それを「好き」にしたほうがよいかも。

仕事

3日連続Books&Appsより。

 

blog.tinect.jp

 

ほとんどのひとは「これだ」と思うものが見つかるまでに何年もかかっており、そのあいだ、さまざまなことに興味を持って挑戦してきたことがわかった。今は寝ても覚めても、そのことばかり考えてしまうほど夢中になっていることも、最初から「これが自分の天職だ」と悟っていたわけではなかった。

 

「好きなこと」よりも「得意なこと」を意図的に探して選択するほうが、ずっと人生は楽しい。好きかどうかを考えず、試して得意なことを発見しに、広く外の世界へ出てみようではないか。

 

てな感じでいけたらいいなと感じます。

 

自分はこれが好き、と言っているものって、結局自分の知っている範囲内のことで言ってるだけかもしれません。自分の認識外のことにどんどん手を出してみたい。実はそこに面白いことがあるかもしれない。

 

まあ、好きなことを仕事にできるのが一番いいんですが、いきなりそれは難しい。得意なことを探してみましょうかね。

 

 

3記事連続で関連あることを書いてきました。

 

「1箇所の会社に依存することなく、動き回りながら最終的には複数箇所から収入を得られるようにしたい。」

 

「自分の強みは簡単にはわから無いのだから、いろいろやってみたらいい。」

 

そして、今回「これだ、という仕事を見つけるのは何年もかかる。そこに至るまでには、経験したことないことを、なんでもやってみよう。自分の知っている世界の外に出てみよう。そうやってようやく得意なことが見つかる。そして、得意なものが好きになるかもしれない。」

 

可能性を限定することなく、いろいろやっていきたいな、と思います。