読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

表ブログで書いてみたけど、やっぱり公開するのをやめた記事をこちらで公開。

【タイトル】

休日だしあんまり読まれないから適当なことをダラダラと書いてたら、仕事についての話になった。

 

【本文】

ブログを始めてFacebookに連携させてみて10日経過。今のところ毎日更新中しちゃってる。いやすごい。自画自賛。自分で自分を褒めましょう。えらい。

 

で、こんなことやって何の意味があるのかなぁ、などとも思うけど、個人的には意味があると思っているので、コツコツ続けてやっております。(平日書く内容は、仕事の勉強になってます。)

 

そーいえば、意外と毎日同じようなことをコツコツやるのは得意で、高校生のころはバカみたいに毎日電車の中で単語を20個ぐらい暗記していたのを思い出した。毎日小テストがあって、合格しないと帰れない。よくがんばったもんだな。

 

あの毎日の小テストと、英文音読を毎日やっていたおかげで、英語はセンター試験はまあまあよかった。数学は全然ダメだったけどね!(でも理系で工学部出身っす)

 

ああ。自分は意外とこうやって発信するのが好きだということを思い出しました。

 

小学校でクラス内新聞を書いたことあり。放送委員なんぞもやりました。(美川憲一の「さそり座の女」昼休みに流して怒られた。)

中学校でも放送委員やった。(これはかなりサボったけど)

高校は…何もしていない。

 

大学では誰に言われることもなく、勝手にサッカー部WEBページを作成して遊んでました。HTMLのみで書くという(!)手作り感が満載のページだったけど、チームメイトの親が見てくれて掲示板にコメントもらって嬉しかった。

あと、新入生が歓迎会前にWEBページを見て先輩の名前をちゃんと覚えてから参加してくれたときは嬉しかった。役に立ったなぁ。と。

大学後半にはmixiなんてものが流行って週に1回くらい書いていた。あれも面白かった。(今もアカウントは生きている)

 

まあ、そんなこんなで何かを書いて広めるというのが好きなようで、当時はそんなこと思っていなかったけど。

 

社会人になる前に就活で自己分析なんてやったりしたけど、時間が経てば変わってくるし、今更気づくこともあるし、右往左往しながらいろんなことをやってみたらいいんじゃないの、人生。なんて思ってみたり。 

 

まさかシステムエンジニア→採用→企画広報などというキャリアを歩むとは社会人になるときは思ってなかった。でも、それでいいと思う。

 

なんかまとめると、自分が好きなことってなんだろな。

毎日コツコツやるのと、何かを伝えたりするのが楽しいのかもしれない、という話でした。「かもしれない」でしかないけど。そして変わってもいいんじゃないのかな。ということで。

 

雑記おわり

 

(本当はこっちの表ブログにアップしようとした文です)

www.aokiisao.com