読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーガニックバー「たまにはTSUKIでも眺めましょ」で会社を辞める勇気をもらう

今日から11連休です。

内定式の運営を終え、ようやく遅めの夏休みです。

 

昨日は終電で帰ってきて、朝4時まで近所のバーで飲んでました。

今日から色々なことをしたいと思います。

 

最近通っているバーに行く

今日は池袋にあるバーに行きます。

organic bar たまにはTSUKIでも眺めましょ

 

この店には1〜2週間に1回くらい行っています。

以下の本の著者である高坂勝さんという方が一人でやっている店です。

 

僕はこの本を、4月に仕事で病みかけたあとに見つけました。

仕事ってなんだろう、ということについて考えていて、Amazonで仕事に関する書籍を大量に購入していました。 その中の一冊です。

 

著者の高坂さんは元々は百貨店でバリバリ働いていた方。しかし、とにかく働きまくる生活や、無駄にものを消費するやりかたに疑問を抱き、仕事を辞めてバーを開き、今では週4日の営業で「ダウンシフト」して生活されている方です。(ちょっと雑な要約なので、詳しくは本書を読んでください。)

 

この本には、今まで僕が漠然と疑問に思っていたことの答えのようなことがたくさん書いてありました。自然と高坂さんに会ってみたいと思いました。

 

僕は平日に会社を終えると家とは全然違う方向のこのバーに行きました。

店に入ると、この店を知った理由を聞かれました。本を読んで知ったと答えると、そういう人は多いとのこと。そして高坂さんはすぐに周囲の人と僕が会話できるように仲を取り持ってくれました。

 

このバーでは、一人でしんみり飲むことは許されません。高坂さんがいきなり客同士を自己紹介させたりします。でも、僕はそれがありがたかったです。

 

この店に来ている人は、高坂さんの本を読んで来た人が多くて、僕と同じように今のまま働くことに疑問を抱いている人がたくさんいました。

 

ここで、そういった人たちと話を重ねていく中で、少しずつ、会社を辞める勇気をもらうことができました。

 

これからお店に行きます。

今日もどんな人がいるか楽しみです。