テカポ湖ではパニーニの美味しいカフェを利用し、かわいい猫がいる宿に宿泊。隣のプカキ湖も綺麗。【2016年6月NewZealand旅行記その12】

引き続き、テカポ湖観光です。

観光地ということで、いくつかレストランがあります。

 

(旅のひとつ前の記事はこちら)

クライストチャーチからテカポ湖へ。噂どおりの綺麗な湖と空。テカポ湖東側からの景色も穴場かも。【2016年6月NewZealand旅行記その11】 

 

(ニュージーランド旅行記一覧はこちら)

New Zealandの旅情報 カテゴリーの記事一覧

 

 

 

バス停留所近くにある以下のカフェRUN76に寄ってみました。

 

店名は「RUN76」なのですが、看板は「RUN77」でした。どちらが正しいのかは謎です。

(本当は湖畔レストランでサーモン丼を食べたかったのですが、ちょっと営業時間のタイミングが合いませんでした。)

 

パニーニとコーヒーを注文。14ドル(約1,000円)

f:id:akio130:20160712174729j:plain

 

注文を受けてから温めてくれるので熱々。そして具材たっぷり。ハム、チーズ、ほうれん草、パプリカの組み合わせがぴったりでした。

f:id:akio130:20160712174724j:plain

味は満足。ただし、無料Wi-Fiがイマイチ接続できず。そこだけは残念。

 

宿泊した宿はTailor Made Tekapo Backpackers Hostelです。

 

全体的に設備は綺麗で、他のHostel同様でキッチンは夕方を過ぎると大混雑。調味料は一通り置いてありましたが、賞味期限を大幅に過ぎていそうなものもあり、あまり期待できないです。自分でスーパーで買ってきたほうがいいかもしれません。

f:id:akio130:20160712175337j:plain

 

このHostelには猫が一匹買われていて、そのあたりをウロウロしています。かわいい。笑

f:id:akio130:20160712175349j:plain

 

ちょっとだけ驚いたのはベッドルーム。ここまでお互いのプライバシーが守られていない宿は初めてでした。少なくともカーテンがあるのですが。

f:id:akio130:20160712174549j:plain

まあ、寝るだけだったので問題ありませんでした。

ただし気になる方は個室にしたほうがいいでしょう。

 

宿のWi-Fiは最初100MBだけは無料で、それ以上利用する場合は1GB分を2ドルで購入することになります。これも変わったシステムですね。

f:id:akio130:20160712175911j:plain

食べて寝るだけできればよかったので十分したけどね。(一泊35ドル)

 

翌朝、テカポ湖を後にしてマウントクックに行くことにしたのですが、ここはnaked busが通っていません。Inter CityのサイトでGreat Sightsのバスを予約して向かいました。(41ドルでした。そんなに距離が無いのにまあまあ高い…)

 

添乗員は日本人でした。予約時に日本人だと分かれば添乗員は日本人になるらしいです。へー。

f:id:akio130:20160712180227j:plain

 

1時間もしないうちにプカキ湖で休憩。休憩早すぎないか?と思ったら、ここはここで観光地らしいです。

f:id:akio130:20160712180555j:plain

 

ここもテカポ湖と同じく、青い空、青い湖でした。

f:id:akio130:20160712180556j:plain

 

ただし、トイレとお土産や以外の施設は無いみたいで休憩時間は10分程度ですぐに出発することになりました。まあ、それ以上いてもやることなかったですが。

 

1泊2日のテカポ湖観光はこれで終了。さらに1時間ほどバスに揺られてマウントクックに到着。近い割にバス代高かった。次はマウントクック観光です。

 

 (次の記事はこちら)

アオラキ/マウント・クック国立公園へ。まずはレストランで絶景を眺めながらの昼食。【2016年6月NewZealand旅行記その13】